支払の方法

何枚持つのがいい?
有効期限とは
セユリティコードとは
限度額とは
キャッシング枠とは
紛失したら
引落しが出来ないとき
ゴールドカードとは

クレジットカードを紛失したら

クレジットカードを紛失してしまうと大変ですよね。
毎日使うわけではないクレジットカード。
無くしたと気づいたときにはもうだいぶ時間が経っているというケースがほとんどです。

「盗まれたのかもしれない」「誰かに拾われて悪用されているかもしれない」…と考えると、本当にパニックになってしまい、何をしたらいいか分からなくなってしまいますが、是非落ちついて対処をしてください。
万が一、第三者による不正な利用があった場合にも、ほとんどのクレジットカードには紛失・盗難保険というものがついていて、無くしたと気づいた日から60日前までの不正利用については保険で補償されるのです。

【まずはクレジットカード会社に電話を】
クレジットカードを無くしたと気づいたら、すぐにクレジットカードを発行している会社に電話をかけましょう。
通常のカスタマーサポートは平日の昼間にしか対応していませんが、紛失の場合だけは24時間対応をしている場合は多いので、「明日の朝になったら電話しよう」と思わずにできるだけすぐに報告をしましょう。

電話番号はカードの料金明細書などに書かれていますが、手元にない場合はインターネットで検索しましょう。

【本人確認の質問に答えて、利用停止に同意】
クレジットカード会社に電話すると、オペレーターより住所や生年月日などの質問をされ、本人確認がされます。
そして、利用停止の意思確認がされますので、落ちついて答えるようにしましょう。

【警察へ紛失・盗難届けを提出】
クレジットカードが万一第三者に不正利用された時、カードの持ち主には請求がされることはありませんが、そのためにはクレジットカード会社の保険が適用されなくてはなりません。
警察に紛失届け、または盗難届を提出しておくようにしましょう。

【クレジットカードの自動引き落としを変更】
再発行された新しいクレジットカードは、番号が変更となります。
クレジットカードで公共料金などを自動引き落としで支払っている場合は、番号変更の手続きを行っておくようにしましょう。