支払の方法

何枚持つのがいい?
有効期限とは
セユリティコードとは
限度額とは
キャッシング枠とは
紛失したら
引落しが出来ないとき
ゴールドカードとは

クレジットカードのセキュリティーコードとは

クレジットカードには、カード番号や暗証番号に加えて、「セキュリティーコード」というものがあります。
このセキュリティーコード、普段はあまり利用することがなく、クレジットカードを利用している人でもセキュリティーコードの存在を知らない方は多いようです。
しかし、セキュリティーコードは、インターネットを通じてクレジットカードを使用するときや、Edyなどの電子マネーをチャージする時に求められることがあります。

そうした際に初めて、これまで気にも留めなかったセキュリティーコードの存在を知る方が大半のようです。
カード利用の際に「セキュリティーコードを入力してください」と言われてあわてないように、まずはご自分のカードのセキュリティーコードが記載されている場所を知っておきましょう。

【セキュリティーコードの記載場所】
セキュリティーコードは通常、3ケタの数字で表されています。
多くのカードでは、カードの裏面のサインを書く欄の上に記載されています。

セキュリティーコードそのものは3桁なのですが、たとえば「1234 567」といったように7桁やそれ以上の数字が書かれている場合もあります。
その場合は右の3桁がセキュリティーコードになります。
現在国内で使われている主なカードは、それぞれ以下のような記載方法となっています。

●サイン欄の右上に7桁の数字
・楽天、Tカード、JCB、ニコス、オリコなど
●サイン欄の右上に3桁の数字
・三井住友VISAカード
●表面 クレジットカード番号の右上に4桁の数字(セキュリティーコードは4桁)
・アメリカンエキスプレス
【セキュリティーコードは何の為にある?】
セキュリティーコードは、その名前のとおり、防犯用の暗号の役割を果たしています。
セキュリティーコードはカード本体が手元にある人にしか分からないため、万が一カード番号や暗証番号の情報を盗まれたとしても悪用される恐れがありません。
しかし、セキュリティーコードがあるから大丈夫、というわけではありません。

実際にインターネットでショッピングを頻繁にされる方はご存知だと思いますが、実際にセキュリティーコードを利用している店舗は少ないのです。
セキュリティーコードは万能というわけではなく、まだまだ問題点は多いと言えるでしょう。
こちらのサイトでは楽天カードやライフカードなど人気のクレジットカードが紹介されていますのでご覧ください。